自動車総連 English中文簡体字

 

ホーム 自動車総連のご紹介 私たちの活動 発行物のご案内 関連サイトへのリンク お問い合わせ
私たちの活動 > 各種活動内容 > その他の活動 〜TOPICS〜
私たちの活動
大会・中央委員会
運動方針
活動の概要
各種活動内容
これまでの活動
 


各種活動内容
労使会議や要請活動総合生活改善の取り組み安全衛生ホームページ共済制度
福祉活動教育活動その他活動 〜TOPICS〜

 

 

「政策推進コンベンション2013」を開催!!

自動車総連は2013年9月26日「政策策推進コンベンション2013」を開催いたしました。

(於:ANAインターコンチネンタルホテル東京)

本コンベンションは、自動車総連の今後の政策実現に向けた課題を共有し、その実現を目指すための意識合わせを行うことを目的に開催し、「車と社会を考える政策フォーラム」議員、組織内地方議員、全国地協議長、地方連合政策委員、労連政策・政治担当者、総連中執・特別執行委員・本部役員に加え、上部団体、経営者団体など315名が出席しました。

コンベンションは3部構成とし、内容は以下の通りです。

第1部の「政策研修会」では「政策実現に向けた政治との関わりについて」と題し、理念(目指すべき社会像)・政策・組織をテーマに、民主党・海江田代表、「車と社会を考える政策フォーラム(以下、フォーラム)」の直嶋代表代行、自動車総連・相原会長の3名で対談を行いました。この対談の中で、海江田代表自らの言葉で民主党の立ち位置や目指すべき社会像などを直接お聞きすることが出来ました。

第2部は、「車と社会を考える政策フォーラム」第15回総会を開催し、新たな役員体制を確認した後、直嶋新代表よりご挨拶をいただきました。

併せて、3名の前役員(渡部前代表、池口前副代表、中野前幹事)より、退任に際してのご挨拶をいただきました。

その後、今年度の自動車関係諸税の取り組みについて、自動車総連(八角副事務局長)自工会(名尾副会長)より、それぞれ報告を行い、それを受けて、木フォーラム副代表より、抜本改革の実現に向けた決意表明を行いました。

また、今年度が車体課税の決着に向けた天王山であるとの認識のもと、礒アフォーラム幹事によるアピール決議を採択した後、榛葉フォーラム幹事によるガンバロー三唱で今後の取り組みに向けた参加者全員の意思統一を図りました。

第3部は懇親会を開催しました。ご出席いただいたフォーラム議員、組織内地方議員、地協議長の方々よりご挨拶をいただきながら、今後の活動に向けて更に連携を深めることができました。

 ●第1部 海江田 民主党代表をお迎えしての対談

(自動車総連・相原会長)

(民主党・海江田代表)

(車と社会を考える政策フォーラム・直嶋代表)

(コーディネーター/車と社会を考える政策フォーラム・古本幹事長)

 

●第2部 今回退任された渡部前代表、

       池口前副代表、中野前幹事

                   (左より)

●第2部 木フォーラム副代表より

  決意表明

  

●第2部 礒アフォーラム幹事による

         アピール決議提案、採択

 

●第2部 榛葉フォーラム幹事による

  ガンバロー三唱

●第2部 松本剛明フォーラム副代表 挨拶

 

●第3部 懇親会では参加者全員で

  結束を強めた。

 

ページトップへ