自動車総連 English中文簡体字

ホーム 自動車総連のご紹介 私たちの活動 発行物のご案内 関連サイトへのリンク お問い合わせ
私たちの活動 > 各種活動内容 > 総合生活改善の取り組み
私たちの活動
大会・中央委員会
運動方針
活動の概要
各種活動内容
これまでの活動
 

各種活動内容
労使会議や要請活動総合生活改善の取り組み安全衛生ホームページ共済制度
福祉活動教育活動その他活動 〜TOPICS〜
総合生活改善の取り組み
戻る

<2011年取組方針>

社会的役割を踏まえた取り組み

<非正規労働者に関する取り組み>

1)基本的な考え方
  • 労働組合の社会的な役割を果たし、すべての労働者が安心して働き、暮らせる、安定した日本社会につなげていく。
  • 「同じ職場で働く仲間」として、非正規労働者の意欲・活力・能力の向上、更には職場力強化につなげていく観点を十分に踏まえ、取り組みを推進する。
  • 取り組みにあたっては、労使の責務をしっかり果たすという観点を十分に踏まえた上で、各労連・単組の雇用実態や課題に応じて着実に取り組みを進める。
2)具体的な取り組み

 

  

○労働組合として、同じ職場で働く仲間である非正規労働者に対する関与・対応力を一段高め る取り組みを積極的に進める。

○具体的には、「(1)コンプライアンスの点検」を徹底するとともに、各労連・単組の実態や 課題に応じて「(2) 労働環境や労働条件面などに関する取り組み」を着実に進める。

(1)コンプライアンスの点検

 企業・労働組合としてのそれぞれの役割・責任の観点を踏まえ、非正規労働者(直接雇用/ 間接雇用問わず)について、労使でのコンプライアンスの点検を行う。また、受入や契約 更新・満了時点での点検が行われていない組合では、労使での点検機会を設ける。

(2)労働環境や労働条件面などに関する取り組み

 @非正規労働者のモチベーション向上や、不安定な雇用形態での就労固定化を防止する観  点から、正社員登用の促進につながる取り組みを行う。

 A付加価値生産性・技術力の高い自動車産業で働いている利点を活かし、それにふさわしい  能力形成支援の観点から、教育・研修体制の充実などに取り組む。

 B自社で働く仲間の賃金の下支えや、産業別最低賃金の金額改正への波及を通じた社会的  な賃金の下支えの観点から、企業内最低賃金協定の取り組みを進める。

 C同じ職場で働く仲間との観点から、福利厚生面や労働条件面など、待遇面の実態や課題  を踏まえて、その改善に向けた取り組みを進める。

〈参考:非正規労働者の取り組み範囲と対象者のイメージ〉

 

<取り組みの範囲>

<対象範囲>

目的

取り組み内容

非正規労働者

直接雇用

間接雇用

組合員

未組合員

(1)

○労働組合として最低限

 の役割・責任を果たす

・コンプライアンスの点検

・点検機会の設置

(2)

○モチベーションの向上

○不安定な雇用形態での

   就労固定化の防止

@

正社員登用の促進

(正社員登用制度の

      構築・充実等)

A

能力形成の促進

(教育・研修体制の

     構築・充実等)

    

○待遇面での課題改善

○最低限の

   生活保障

B

企業内最低賃金協定

の締結

○均衡待遇・

  格差の改善

C

福利厚生の改善

(施設利用・費用補助等)

労働諸条件の改善

(割増率・手当・補償

       ・休暇等)

賃金・一時金の改善

(正社員の交渉結果

       の適用等)

○:取り組みの対象

△:一部内容によって対象

 

     

 

 

ページトップへ