自動車総連 English中文簡体字

ホーム 自動車総連のご紹介 私たちの活動 発行物のご案内 関連サイトへのリンク お問い合わせ
私たちの活動 > 各種活動内容 > 総合生活改善の取り組み
私たちの活動
大会・中央委員会
運動方針
活動の概要
各種活動内容
これまでの活動
 

各種活動内容
労使会議や要請活動総合生活改善の取り組み安全衛生ホームページ共済制度
福祉活動教育活動その他活動 〜TOPICS〜
総合生活改善の取り組み
バックナンバー2011年

2011年総合生活改善 第6回中央生活闘争委員会 <確認事項>

2011年4月15日
自動車総連

各組合は、3月28日(月)に開催した第5回中央生活闘争委員会における確認事項に基づき、精力的に交渉を進めてきた。

☆ 4月14日(木) 午後5時現在、賃金・年間一時金・総実労働時間短縮等における総連全体の妥結・妥方状況は以下のとおりである。


<解決状況>(2011/4/14 17:00時点)

▽賃金ついては要求した1,015組合のうち、ヤマ場と設定した3月25日(金)までに213組合が解決し、3月末時点においては329組合 (前年358組合)が解決し、解決率は32.4%(同36.1%)となっている。また、4月14日(木) 午後5時時点での妥結組合数は427組合(同486組合)、解決率は42.1% (同49.0%)である。

▽妥結組合のうち、394組合(92.3%)が賃金カーブ維持分以上を確保しており、そのうち44組合が賃金改善分を獲得している。また、個別賃金は125組合で回答を引き出している。

▽一時金については、前年と月数比較可能な組合のうち、約7割の組合が前年の獲得月数を上回っている。また獲得月数平均は4.31ヵ月と、当該組合の前年平均を0.27ヵ月上回っている。

 

1)賃金

 

【単位:組合数】

 

妥結

組合数

賃金カーブ維持分以上確保

要求せず、

制度維持  確認済み

個別賃金
(回答有)

賃金改善分
獲得

賃金カーブ

維持分確保

(合計)

メーカー

7

7

7

6

5

車体・部品

267

36

209

245

34

106

販  売

119

8

106

114

41

11

輸  送

8

6

6

3

1

一  般

26

22

22

12

2

合  計

427

44

350

394

96

125


(ご参考)総額要求組合の平均妥結額 4,095円  2010年の賃金改善分獲得組合数 110組合

2)年間一時金

3)総実労働時間

 

妥結
組合数

前年月数超え組合の

比率*1

妥結月数

妥結月数

 
2011年

2010年 *2

前年差

メーカー

12

100.0

4.70

4.27 (4.28)

0.43

車体・部品

 286

77.7

4.31

3.99 (3.75)

0.32

販  売

 130

46.6

4.23

4.14 (3.82)

0.09

輸  送

 11

75.0

4.24

4.12 (3.91)

0.12

一  般

 32

83.3

4.46

3.96 (3.77)

0.50

合計
472
69.8
4.31
4.04(3.80)
0.27

*1:比率は、妥結組合のうち、前年と月数比較が可能な組合について集計。

*2:現時点での妥結組合と同一組合の2010年平均妥結月数。( )内は2010年最終全体実績。

 

 

 

2011年
進展組合数

メーカー

1

車体・部品

10

販  売

輸  送

1

一  般

合  計

12

4)その他

▽企業内最低賃金協定については、現在集約途中であるが、協定の新規締結や協定額の引き上げなどの進展が図られている。

▽非正規労働者に関する取り組みについては、コンプライアンスの点検機会の設置を引き出すなど、妥結組合のうち約5割強の組合で前進が図られ、約3割強の組合が継続協議となっている。

 

☆ 今次取り組みにおける解決の進捗は、3月末時点で解決率は32.4% (前年36.1%、前々年34.1%)、足元においても42.1% (同 49.0%、50.3%)と、前年(2010年)のみならず前々年(2009年)も下回り、ここ数年で最も遅い状況となっている。

☆ 未解決組合は、早期解決に向け最大限の追い上げを図るとともに、第5回中央生活闘争委員会<確認事項>(3/28) に沿い、次のとおり取り組みを進める。

 

1.個別要求項目

○ 各組合は、第5回中央生活闘争委員会<確認事項>(3/28)に基づき、賃金・年間一時金・総実労働時間などについて、それぞれの目指すべき水準の獲得に向け、引き続き最大限の押し込みを図る。

 

2.回答引き出し

○ 現在、自動車産業には一刻も早い復旧・復興が求められており、そのためには労使一体となった集中的な対応が不可欠である。妥結に至っていない組合については、こうした本年における早期解決の重要性を改めて強く訴求するとともに、労使で徹底的に議論し交渉を追い上げ、総連全体の解決目標である4月末までの決着を図る。

 

3.第7回中央生活闘争委員会を5月20日(金)に開催する。

以上
ページトップへ