自動車総連 English中文簡体字

ホーム 自動車総連のご紹介 私たちの活動 発行物のご案内 関連サイトへのリンク お問い合わせ
私たちの活動 > 各種活動内容 > 2005年 総合生活改善の取り組み
私たちの活動
大会・中央委員会
運動方針
活動の概要
各種活動内容
これまでの活動
 

各種活動内容
労使会議や要請活動総合生活改善の取り組み安全衛生ホームページ共済制度
福祉活動教育活動その他活動(TOPICアーカイブ)
総合生活改善の取り組み
2007年バックナンバー2005年一覧へ

2005年総合生活改善 第1回中央生活闘争委員会 <確認事項>

2005年2月9日
自動車総連

  • 自動車総連は、組合員の働き方・生み出している成果および労働条件や生活実態を踏まえ、「人」への投資について積極的に取り組む必要があるとの認識にたち、「確かな一歩、意欲と活力の向上を!」との強い決意のもと、1月13日(木)の第72回中央委員会の決定に従い、以下のとおり2005年総合生活改善の取り組みを推し進める。

1.要求提出 ※各組合は、2月末日までに要求書を提出する

  • 拡大戦術会議登録組合(12組合)は、2月16日(水)を統一要求提出日とする。

2.統一交渉の推進

  • 2005年総合生活改善の方針として決定した以下の日程で進める。
    <統一交渉日 2月23日(水)、3月2日(水)、3月9日(水) >

3.回答引き出し

回答指定日の重みを踏まえ、計画的な交渉日程の配置を通じ、充実した交渉と解決日程の早期化を目指し、4月末までにはすべての組合で決着を図る。
  • 自動車総連全体のヤマ場を3月16日(水)から3月25日(金)までとし、この間各労連・組合は、集中的な回答引き出しに最大限努力する。
  • 拡大戦術会議登録組合の集中回答日は3月16日(水)と し、午前中に要求項目の同時回答を引き出す。
  • 販売部門については、第1のヤマ場を4月6日(水)から4月13日(水)、第2のヤマ場を4月14日(木)から4月21日(木)とし、この間に集中的な回答引き出しに努力する。

4.闘争機関の設置

  • 中央生活闘争委員会、戦術会議、拡大戦術会議を設置し、闘争の推進を図るとともに、業種別部会を適宜開催して、共闘効果を高めていく。

5.連合・IMF−JCとの連携強化

  • JC共闘の推進ならびに連合との連携を図るため、各種闘争機関に参画し、情報交換を行うとともに、各種の連帯活動に参加していく。

6.自動車総連内の一層の連携強化

  • 自動車総連本部、各労連、組合、各種業種別部会の強固な連携を図り、一体感のある取り組みを進めることにより、要求獲得を目指す。

7.情報センターの設置および広報活動の充実

  • 内外の有効な情報収集とその情報を迅速に伝達するため、本部事務局内に情報センターを2月16日(水)より設置する。

8.第2回中央生活闘争委員会を3月4日(金)に開催する。

以上