自動車総連 English中文簡体字

ホーム 自動車総連のご紹介 私たちの活動 発行物のご案内 関連サイトへのリンク お問い合わせ
私たちの活動 > 各種活動内容 > 総合生活改善の取り組み
私たちの活動
大会・中央委員会
運動方針
活動の概要
各種活動内容
これまでの活動
 

各種活動内容
労使会議や要請活動総合生活改善の取り組み安全衛生ホームページ共済制度
福祉活動教育活動その他活動 〜TOPICS〜
総合生活改善の取り組み
バックナンバー2009年

2009年総合生活改善 第5回中央生活闘争委員会 <確認事項>

2009年4月10日
自動車総連

  • 各組合は、3月24日(火)に開催した第4回中央生活闘争委員会における確認事項に基づき、精力的に交渉を進めてきた。
  • 4月9日(木)午後5時現在、賃金引上げ・年間一時金・所定労働時間短縮における総連全体の妥結・妥方状況は以下のとおりである。

1.妥結・妥方 ・・・(2009/4/9 17:00時点)

1)賃金引き上げ

  • 妥結・妥方組合は、全体で 428組合 (解決率:39.8%)、速報対象組合では 93組合となっている。
  • 現時点では、16組合(妥結・妥方組合の3.5%、平均金額375円)が賃金改善分を獲得、371組合が賃金カーブ維持分を確保し、合計 386組合が賃金カーブ維持分以上を確保している。
    なお、個別賃金についても 104組合で回答を引き出している。
【単位:組合数】なお、括弧内は昨年実績
  妥結組合数 賃金改善分獲得

賃金カーブ

維持確保

要求せず、

制度維持確認済み

個別賃金
(回答あり)
メーカー

11

1(10) 10(2) 2 7
車体・部品 255 7(266) 222(104) 3 94
販  売 123 5(285)
109(210)
2
輸  送 8 −(11) 8(6) - 1
一  般 31 3(25) 22(24) 3 2
合  計 428 16(597)
371(346)
10 104
(ご参考)2009年総額要求組合の平均妥結額 3,962 (同一組合の2008年平均妥結額 4,927円

2)年間一時金(月数)

 

3)総実労働時間

【単位:ヵ月】なお、括弧内は昨年実績
   
妥結
組合数
2009年 2008年*1 前年差

季別

組合数

妥結月数 妥結月数
メーカー 13 4.10(5.47) 5.47 △1.37 -(-)
車体・部品 251 3.80(4.56) 4.92 △1.12 14(34)
販  売 122 3.96(4.06) 4.39 △0.43 -(77)
輸  送 11 4.50(4.46) 5.38 △0.88 2(11)
一  般 30 4.00(4.48) 4.78 △0.78 3(20)
合  計 427 3.87(4.31) 4.80 △0.93 19(142)

  *1:現時点での2009年妥結組合と同一組合の2008年平均妥結月数

 
  2009年
進展組合数
メーカー -
車体・部品 1
販  売 -
輸  送 -
一  般 1
合  計 2
  • 解決状況については、ヤマ場と設定した3月27日(金)までに速報対象組合を中心に295組合が解決した。また、3月末時点での妥結組合数は358組合(昨年489組合) 、解決率は33.3% (同 44.6%)となっており、4月9日(木) 午後5時時点での妥結組合数は428組合(同597組合)、解決率は39.8% (同 54.5%)となっている。
    いずれの時点においても、妥結組合数、解決率ともに昨年を大きく下回る状況となっている。なお、各労連で回答ゾーンを設定している販売部門については、昨日までに123組合 (解決率21.3%)が回答を引き出している。

  • 未解決組合は、早期解決に向け最大限の追い上げを図るとともに、第4回中央生活闘争委員会<確認事項>(3/24) に沿い、次のとおり取り組みを進める。

2.個別要求項目

 
各組合は、第4回中央生活闘争委員会<確認事項>(3/24)に基づき、賃金・年間一時金・総実労働時間などについて、それぞれの目指すべき水準の獲得に向け、引き続き最大限の押し込みを図る。

3.回答引き出し

    ・ 未だ妥結に至っていない組合は、労使で徹底的に議論し交渉を追い上げ、総連全体の解決目標で
      ある4月末までの決着を目指す。

4.第6回中央生活闘争委員会を6月4日(木)に開催し、2009年総合生活改善
  の取り組みのまとめについて議論を行う。

以上
ページトップへ