自動車総連 English中文簡体字

ホーム 自動車総連のご紹介 私たちの活動 発行物のご案内 関連サイトへのリンク お問い合わせ
私たちの活動 > 各種活動内容 > 総合生活改善の取り組み
私たちの活動
大会・中央委員会
運動方針
活動の概要
各種活動内容
これまでの活動
 

各種活動内容
労使会議や要請活動総合生活改善の取り組み安全衛生ホームページ共済制度
福祉活動教育活動その他活動 〜TOPICS〜
総合生活改善の取り組み
戻る

<2010年取組方針>

政策・制度課題への取り組み

1.新政権下における政策・制度の取り組みの考え方
  • 新政権下における家計や生活コストの引き下げなどを重視した政策への転換によって、働く者、生活者の代表としての連合、そしてその連合が掲げる政策の影響力が相対的に引き上がっている。一方で、連合の主要産別である自動車総連の政策・発信も重みを増すことになるが、同時に、これまで以上に政府が進める政策全般に対して、自動車総連としての基本姿勢が求められることも念頭に置く必要がある。
  • 自動車総連としては、従来から進めてきた「自動車総連産業政策(自動車税制,環境,道路・交通等)の一層の深堀りと精度向上」と、自動車総連として「対応すべき政策範囲の明確化と併せ、連合諸政策への対応力の充実」の両面から、構成組合や地協の期待に応えていく。
  • 今後の自動車総連の政策・制度の取り組みをより効果的なものとするためには、新設の政府・連合間での様々な政策協議を捉えた、機動性ある諸活動を充実させる一方で、新政権下における政策決定プロセスの変化を念頭に置き、年間の活動サイクルを再構築する必要がある。
  • そこで自動車総連は、「政策立案」→「政策協議」→「政策実現」→「政策評価」を通年での運動サイクルとして位置づけ取り組む。また、民主党政策およびマニフェストには、自動車総連がこれまで長年にわたって取り組みを進めてきた「自動車関係諸税の軽減・簡素化」をはじめ、働く者の立場により近い政策が掲げられていることから、政府が4年間で実現を目指すマニフェスト(工程表)の進捗を確認する活動にも新たに取り組んでいく。
2. 2010年総合生活改善における「政策・制度課題への取り組み」
 
1)基本的な考え方

 

  • 「総合生活改善における政策・制度の取り組み」は、通常国会が行われる時期にあたるが、自動車総連の運動サイクルでは「政策実現→政策評価」に位置づけられる。特に2010年の通常国会では、働く者の雇用と生活を守るための法案が審議されるため、民主党政権下において、労働条件の改善と政策・制度の実現を「車の両輪」として位置づけ推進する連合との連携を強化し、諸活動に積極的に取り組むとともに、自動車総連として独自に法案の審議過程や成立をしっかりフォロー・確認していく必要がある。
  • 特に、@自動車関係諸税の軽減・簡素化 A中小企業支援策 については、「重点フォローアップ項目」と位置づけ、状況に応じて自動車総連として、独自の政府に対する政策協議の取り組みなど、より積極的な対応を行っていく。
  • また、その基本的な取り組みとして、民主党マニフェストにおいて工程表として提示された政策のうち、自動車総連としてフォローすべき「マニフェスト重点政策」を設定し、国会の動向をフォロー、組織内での共有化を図っていく。
2)具体的な取り組み

【総連本部の取り組み】

  • 政権交代による政策決定プロセス、予算策定プロセスの変化や、自動車総連における政策・制度の取り組みの変化等に関する情報ツールを展開。
  • 「マニフェスト重点政策」の動向をフォローアップ。
  • 特に、「重点フォローアップ項目」については、国会での法案審議の状況を踏まえ、機動的に民主党や関係省庁、連合への自動車総連独自の諸活動に取り組む。
  • 必要に応じてFAXニュース等を発信。
  • 政策・制度実現に向けた取り組みに関する政策勉強会を開催(1月)。

【労連・単組が行う活動】

  • 総連本部主催の政策勉強会(1月)への参画。
  • 総連作成(発信)ツールを活用した組合役員・組合員への政策理解の促進。
  • 連合/地方連合 等、上部団体の活動への参画。

【組合員一人ひとりが行う活動】

  • 組合員一人ひとりが重要な政策への理解を深める。

 ■自動車総連 「マニフェスト重点政策」 

               赤字は「重点フォローアップ項目」)

<大項目>

<中項目>

雇用・経済:

中小企業支援/製造業派遣の禁止/セーフティネット/最低賃金引き上げ/

温暖化効果ガス25%削減

   

地域主権    :

自動車関係諸税/高速道路の段階的無料化

   

年金・医療 :

年金記録/年金制度改革/後期高齢者医療制度の廃止/医療体制の強化

   

子育て支援 :

子ども手当て/高校無償化

   

ムダづかい :

租税特別措置の見直し等

 

 

 

 

 

ページトップへ