.

 

「車と社会を考える政策フォーラム結成総会」開催
とき:1999年7月20日(火)  ところ:東京ファッションタウン


政策実現のために、第17期運動方針に提起した「自動車総連政策フォーラム(仮称)」は「車と社会を考える政策フォーラム」の名称で、目的に賛同する衆議員30名・参議員20名の参加を得て7月20日(火)に結成総会を東京・有明の東京ファッションタウンで開催しました。今後は政策制度や産業政策課題解決に向けた相互理解と連携を図っていきます。
結成総会で確認された運営要綱は以下の通りです。



「車と社会を考える政策フォーラム」の運営要綱について


1.名称 「車と社会を考える政策フォーラム」とする。

2.目的

「車と社会を考える政策フォーラム」(以下、フォーラムと略)は、そこに参加するフォーラム議員と自動車総連との研修・交流を通じて相互の連携を強化し「ゆとり・豊かさ・社会的公正」を実感できる政策の実現及び自動車産業の健全な発展に向けた取り組みを行うことを目的とする。

3.構成

自動車総連の顧問・政治顧問及び、この目的に賛同する衆・参両院の国会議員(現職)で構成する。フォーラムを構成する議員(フォーラム議員)は、総会で確認し、任期は次期総会までとする。

4.機関

「車と社会を考える政策フォーラム」に次の機関をおく。

1.総会
総会は年1回開催を目処とし、フォーラム議員・役員及び、当面の活動などの確認を行なう。

2.役員会
フォーラムを円滑に運営するために、適宜役員会を開催する。

5.役員

「車と社会を考える政策フォーラム」に次の役員をおく。
代表    1名 副代表    若干名
幹事長   1名 副幹事長   若干名
幹事    若干名  

6.特別顧問

フォーラムに特別顧問を置くことができる。 特別顧問はフォーラム活動に必要な助言を行う。

7.会計

運営に関する経費は、原則として自動車総連で賄い、必要に応じて別途会費を徴収することもある。

8.活動

政策制度や産業政策課題解決に向けた相互理解のための研修・意見交換などの活動を行なう。

9.事務所

所在地は自動車総連本部内とし、総連本部関係局が、運営の窓口業務を行う。
所在地 東京都港区海岸1丁目4−26ゆうらいふセンター3F
TEL 03-3434-7641
FAX 03-3434-7428

10.事務所

本運営要綱の改廃は、総会の確認をもって行うこととする。
 
以 上





車と社会を考える政策フォーラム議員

(敬称略・五十音順)
<衆議院>
 
 石井  一 島   聡
 伊藤 英成 城島 正光
 大畠 章宏 高木 義明
 岡田 克也 田中 慶秋
 海江田万里 玉置 一弥
 鍵田 節哉 中田  宏
 鹿野 道彦 中野 寛成
 川端 達夫 畑 英次郎
 神田  厚 羽田  孜
 北橋 健治 鳩山由紀夫
 熊谷  弘 平野 博文
 古賀 一成 福岡 宗也
 今田 保典 前原 誠司
 笹木 竜三 吉田  治
 佐藤 敬夫 渡部 恒三
<参議院>
 
 浅尾 慶一郎 直嶋 正行
 足立 良平 長谷川 清
 石田 美栄 平田 健二
 今泉  昭 広中和歌子
 海野  徹 福山 哲郎
 勝木 健司 前川 忠夫
 木俣 佳丈 峰崎 直樹
 小宮山洋子 柳田  稔
 菅川 健二 簗瀬  進
 寺崎 昭久 藁科 滿治


車と社会を考える政策フォーラム役員

(敬称略・五十音順)
<代 表>
 
 衆議院議員 渡部 恒三
<副代表>  
 衆議院議員 伊藤 英成
 衆議院議員 鹿野 道彦
 衆議院議員 熊谷  弘
 衆議院議員 玉置 一弥
 衆議院議員 中野 寛成
<幹事長>
 参議院議員 寺崎 昭久
<副幹事長>
 参議院議員 直嶋 正行
<幹事>  
 衆議院議員 神田  厚
 衆議院議員 島   聡
 衆議院議員 城島 正光
 衆議院議員 高木 義明
 衆議院議員 中田  宏
 衆議院議員 福岡 宗也
 参議院議員 浅尾慶一郎
 参議院議員 石田 美栄
 参議院議員 海野  徹
 参議院議員 木俣 佳丈


車と社会を考える政策フォーラム特別顧問

(敬称略・五十音順)
<特別顧問>
 
 衆議院議員 羽田  孜
 衆議院議員 鳩山由紀夫
 衆議院議員 畑 英次郎


自動車総連ロゴ