付加価値の『WIN-WIN最適循環運動』

日本の自動車産業は、競争環境の激化や国内市場の縮小など、取り巻く状況は一層厳しさを増しています。今こそ自動車産業の労使が、日本経済の情勢や、中堅・中小企業のおかれた状況をはじめとした産業基盤に対する危機感を共有し、互いの役割を発揮することで、労働組合の有無に関わらず、すそ野の広い産業全体の底上げを図る必要があるとの認識のもと、活動をスタート。
すそ野の広い自動車産業全体のバリューチェーンの重要性に光をあてた取り組みとして、付加価値の「WIN-WIN最適循環運動」を推進しております。

> 資料を見る

  • 生産性・付加価値向上支援策
    資料集
  • ベストプラクティス(好事例集)
  • 活動紹介

生産性・付加価値向上支援策

行政による支援策について紹介します

中小企業支援策(中小企業庁)

スマートものづくり(経済産業省)

※支援策については、組織内議員を中心とした仲間の議員と連携し、充実を図ってまいります!

資料集

第81回中央委員会(2016.1.14)

第45回定期大会(2016.9.8-9)

2016年自動車産業フォーラム(2016.9.29)

第82回中央委員会(2017.1.12)

WIN-WIN最適循環セミナー(2017.7.5)

経済産業省や中小企業庁を講師に招き、労連内への自動車産業適正取引ガイドラインの周知や中小企業支援策に関する周知を図った

2017年自動車産業フォーラム(2017.7.18)

第46回定期大会(2017.9.7-8)

第83回中央委員会(2018.1.11)