自動車総連 安全衛生ホームページ
ホーム 労働災害の防止 労働安全衛生法改正 安全衛生イベント メンタルヘルス 健康マネジメント お役立ちリンク
健康マネジメント
健康診断結果を確認しよう
生活習慣関連
フィットネス
タバコとアルコール
食生活
安全JAWSくんのヘルシークッキング
健康関連リンク
フィットネス
1.メタボリックシンドロームを解消するには?
メタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)の予防・解消には内臓脂肪を減らすことです。
内臓脂肪を減らすには運動を中心に身体活動を増やすことが大切です。しかも、内奥脂肪は皮下脂肪をくらべてたまりやすい一方、生活習慣の改善により減りやすいという特徴があります。普段から、運動の習慣を身につけることが大切です。
▲ページの先頭に戻る
2.日常の中でできる運動
運動といっても スポーツだけではありません。毎日身近なところから積極的に体を動かすようにこころがけましょう。
1ヶ月で腹囲を1cm体重で1kg減らすためには、約7,000kcal(エネルギー量換算)を消費することが必要です。1日では230kcalを運動や食事で減らす必要があります。
日常生活の中でできそうなこと(体重60kgの人が運動で消費するエネルギー)
項目 時間(分) 消費エネルギー(kcal)
ラジオ体操 15 63
床掃除 30 95
早歩き 30 126
階段の昇降 10 63
庭仕事 60 252
掃除機がけ 27 80
軽いジョギング 30 189
ウォーキング 30 95
電車やバスで立つ 35 80
エアロビクス 15 100
水泳 12 100
1週間のうちで1日以上運動をする日を決めたり、待ち時間移動時間、テレビを見ながらなど体を動かすことをこころがけましょう。
▲ページの先頭に戻る
Copyright © 2009 自動車総連